しっとりタイプとさっぱりタイプの化粧水比較

化粧水はおおまかに分けると、さっぱりタイプとしっとりタイプがあります。

さっぱりタイプは、油分の多い肌に適した化粧水です。

化粧水の比較について詳しく知りたいならこちらです。

しっとりタイプと比較すると、油分が抑える成分が配合されている割合が多いので、ニキビができやすい肌やべたつきがちな肌の方にはこちらのタイプをつけると気持ちよく使えます。
また、乾燥肌やふつう肌の方々でも、もちろん使うことができます。


特に夏場は湿気で肌がべたつくことが多い季節です。


あまり油分の多いタイプではない肌の方でも、肌がべたついてしまうこともあります。そこで、さっぱりタイプをつけると肌がすっきりとし、リフレッシュします。


おでこや鼻周りがてかってしまう時は、その部分にはさっぱりタイプをぬって、部分使いするという方法もあります。



中には、化粧水の中に粉が混ざっていて、ふって肌につけると、その粉が肌の油分を抑えてくれる効果のあるものまであります。
それと比較して、しっとりタイプの化粧水は主に乾燥肌の方に向いています。


さっぱりタイプと比較すると、こちらは肌が乾燥しないよう保湿成分が多めに配合されてあり、皺の気になる場所や乾燥でかさつきがちな肌にたっぷりとぬって浸透させると、肌がふっくらとし活き活きとなります。



夏場と比較して乾燥しがちな冬には、このタイプを使う方も多いでしょう。
寒い冬にはよくエアコンで暖房を使いますが、エアコン暖房は乾燥しがちな空気をよりひどくします。


そこで、保湿成分の高いしっとりタイプを使って肌を守ってあげるとよいでしょう。