乳液化粧水の性質と特徴、一般的な保湿剤と比較

乳液化粧水という製品が出回っています。


油分が入っていてローションに近い質感が特徴です。
乳液とローションの機能を一つにした性質を持ちますが、他の製品と比較すると特殊となります。
通常なら化粧水を付けた後に蒸発を防ぐ為に、乳液やクリームを浸かってフタをします。


しかし、予めフタをする役割を持つ乳液が入っていると作用が変化します。

メリットは使いやすい、手間が省ける、一度に水分と油分を肌に付けることが可能です。

しかし、配合成分はローションと比較すると乳化剤や界面活性剤、化学物質の添加量が多い場合があります。
リン脂質だけを加えていたらリスクは少なくなりますが、PEGやグリセリル系が入っているとかゆみは生じる為、注意すべきです。

基本も充実した化粧水の比較に関する良い情報をご紹介するサイトです。

乳液化粧水に入っている乳化剤はリン脂質のみか、それ以外か比較する必要が出てきます。
浸透率は通常のローションより少し劣ります。



油が入っていて、保湿効果が高くなる変わりに、少しだけ角質に入りにくくなるのが問題点です。


もしもデメリットを解決したいなら、先に少しの保湿液を顔に塗布して、乳液化粧水を付けると問題点をクリア出来るのがポイントです。



一般的な乳液が苦手なら違った製品を使うのも一つのやり方となります。しかし、化学物質をたくさん配合した乳液化粧水は、保湿効果が薄い可能性はあります。


物によっては避けるべきですが、成分を比較して購入すべきです。
なるべく食物エキスや天然オイルを添加した製品を使うのが理想的と言えます。